top of page

terra°ce lab

  • 小越 建典

コロナ禍で変わった社長の場合 前編

一瞬ですべてが変わった


2019年12月、出版・印刷業界の多分にもれず、

藤田は忙しい年末を過ごしていた。


「これは大事になるかもしれない」


中国で流行する新型ウイルスに抱いた

予感めいたものも、 締め切りに追われる毎日に流れていった。


しかし、年が明けてすぐに予感は的中する。

想像をはるかに越えるスケールで。


2020〜2023年のコロナ禍は、あらゆる業界に深刻な打撃を与えた。

藤田が経営するCTE社の出版・印刷業界も例外ではない。


「積み上げてきたものがすべて崩れた」(藤田)


旅行や外食のクライアントを中心に印刷物の依頼がストップ。

売上は一時、前年比60%まで減少した。


仕事がなくなり、以前と打って変わってシーンとした社内。


「この会社はもう無理だ」


公然と言い放つ社員もいた。



苛立ちの正体は…


「そんなこと、ずっと前からわかってるんだよ!」

藤田は怒鳴りつけた。


社員ではなく自分自身を、だ。


出版・印刷業界には構造的な課題がある。


編集者やデザイナーの指示に従い、 文字や画像をレイアウトする仕事がCTEの受け持つDTP組版。

クリエイティブな業界にあって、 アイデアや創造性で差別化が難しい。

だから、どうしても大量の案件を目の前にすると「こなす」仕事になりがちだ。


10年以上前から、そこに限界を感じていた。


もちろん、手は打ってきたが…

「忙しさ」は麻薬のようなものだ。


将来の心配より、今日、明日の下版をどう乗り切るか。

みんなで山を越えた後は、充実感もある。


「このままじゃいけない」と思いながらも、

その実は「こなす」仕事に満足していたのだ。


しかし、今度こそ本当に仕事が、それこそ明日の下版もなくなるかもしれない。

本気で変わるときだ。まず、自分から。


 

株式会社シーティーイーは、企業がつくる雑誌「コーポレートマガジン」を推進します。

詳しくはこちらまで。

最新記事

Comments


bottom of page