terra°ce lab

  • 小越 建典

日本郵便×寺田倉庫の共創


いざというとき素早く持ち出せる防災セットを、用意している家庭は多いでしょう。しかし、被災直後の避難時にたくさんの荷物を持っていくわけにはいきません。避難生活が長期におよんだとき、生活の質を少しでも維持できる日用品を預けておけるのが、日本郵便と寺田倉庫が共同で企画した「防災ゆうストレージ」です。


同時に被災するリスクが低い、居住地と離れた倉庫に荷物を預けられるのがミソ。自分が被災したときは、インターネットから簡単に手配して、日本郵便が避難先など希望の場所に届けてくれます。


倉庫は硬質地盤に建設され、耐震性に優れており、(長期避難先への宅配ではなく)思い出の品物などなくしたくない荷物を保管する用途も提案されています。宅配型の「防災向けトランクルーム」という、ありそうでなかった新発想です。


災害時には避難先にも宅配できる新サービス、防災向け宅配型トランクルーム「防災ゆうストレージ」を開始


https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000045.000046038.html

 

株式会社シーティーイーは、企業がつくる雑誌「コーポレートマガジン」を推進します。

詳しくはこちらまで。

最新記事