top of page

terra°ce lab

  • 小越 建典

金融にフェアプレーを


米国ロサンゼルスFairPlay™ AI社が提供する「FairPlay™(フェアプレー)」は、住宅ローンなど融資の公平性を向上するテクノロジーを提供します。有色人種、女性、その他の歴史的に不利な立場に置かれたグループに対する融資の承認判断にバイアスがかかっていないか、同社のAIが金融機関のアルゴリズムをチェックします。

同社Webサイトによれば、米国で住宅ローンが承認される割合は、白人より黒人のほうが約22%低いと言います。偏見で融資が見送られることがあるとすれば、サービスの公平性は損なわれ、また金融機関は収益機会を失うことになります。

こうした人種や性別による偏見は、融資だけに限りません。同社は7月にシリーズAで1000万ドルの資金調達を行い、今後は保険補償、広告、および詐欺などの領域にサービスを展開する見込みです。

公平性の問題は日本にも(米国以上に?)存在します。FairPlay™のように、偏見を乗り越えるテクノロジーへのニーズが高まっても、決して不思議ではない。


FairPlay™ AI

 

株式会社シーティーイーは、企業がつくる雑誌「コーポレートマガジン」を推進します。

詳しくはこちらまで。

最新記事

bottom of page