terra°ce lab

  • 小越 建典

誰でも商社になれる!?


「デジトラッド」は、BtoBの貿易業務をワンストップで提供するプラットフォームです。商社機能をデジタル化することでコストを圧縮、中小企業でも海外貿易へ挑戦できる仕組みを構築しました。 貿易の交渉/契約は、商社マンがリソースの約60%を割くという煩雑な業務です。問い合わせ対応を効率化するため、同社は「食品」「機械」といったカテゴリ別の貿易業務に特化したチャットボット「AI商社マン」を開発。 また、貿易ビジネスについてまわる代金回収リスク、商品入手リスクを回避するため、ブロックチェーン上にデポジットを収め、納品と同時に出金できる決済システムを構築しました。 これらシステムの運用は、貿易の実務経験が豊富な同社のスタッフが担当します。販路開拓や物流を含め、貿易を「丸投げ」できるサービスは、同社によれば日本で唯一です。 商社業務のアウトソーシングに徹し、仕入/販売は行わないので、同社にリスクはありません。企業や取引の規模を問わず、貿易ビジネスをサポートできるのはそのためです。将来的には、貿易経験のある個人や事業者も巻き込み「誰でも商社になれる」仕組みを目指します。 内需が減少するなか、日本の中小企業の優れた商品、技術が世界に広がっていく――そんな未来の実現を期待したいものです。

スタンデージの貿易”丸投げ”プラットフォーム「デジトラッド」 

サービス提供を正式に開始 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000033.000033629.html

 

株式会社シーティーイーは、企業がつくる雑誌「コーポレートマガジン」を推進します。

詳しくはこちらまで。

最新記事