top of page

terra°ce lab

  • 小越 建典

顧客との関係、変えてみない?


イマーシブ・シアター

「イマーシブ(没入)・シアター」という、演劇のスタイルをご存知でしょうか? 客席に座って舞台上に作られた世界を鑑賞するのが、通常の演劇。イマーシブ・シアターでは、観客がストーリーの中に飛び込んで、その世界を体験します。ホテルや店舗など、観客が歩き回るすぐ横で俳優が演じ、ときに観客自身がストーリーに巻き込まれ、登場人物のひとりになったりもします。 そんなイマーシブなアトラクションばかりを集めた世界初のテーマパーク「イマーシブ・フォート東京」が、2024年春に開業します。大阪USJや西武ゆうえんちを再建したことで知られる森岡毅氏の刀が、はじめて企画・開発から運営まで手掛けることもあり、大きな話題になっています。 場所は2022年3月に閉館したお台場の商業施設「ヴィーナスフォート」の跡地。ヨーロピアンテイストの町並みを、そのまま活用し、完全没入できる12のアトラクションを設置します。 既存の商業施設をエンタメに再活用するモデルは、日本はもちろん世界にも広がる可能性があります。乗り物などのハードを用意する必要がなく、ある意味フットワークよく運用できるイマーシブ・アトラクションは、その点でも向いているでしょう。 コンテンツで提供する体験がウケれば、エンタテインメントの新しいトレンドをうみだすはずです。 さて、このイマーシブの本質は、サービスの提供者と顧客とが世界を共有して、新たな体験を作り出すこと。共創による商品開発や、顧客に応援してもらうクラウドファンディングなどにも似た要素があり、顧客との関係性を変えるのは、ビジネスの大きなトレンドと言えそうです。 皆さんのビジネスでも、「イマーシブ〇〇」ができないでしょうか? お客が料理人修行を体験するイマーシブ・飲食店、見込み客がサービスの魅力を発見するイマーシブ・セールス、デザイナーとお客がデザインを共創する「イマーシブ・アパレル」etc...。 実現可能性はさておき、アイデアを出してみると、意外な発見があるかもしれません。 世界初* の<イマーシブ・テーマパーク>が、東京・お台場に誕生! 「イマーシブ・フォート東京」 2024年春 開業 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000073819.html

 

株式会社シーティーイーは、企業がつくる雑誌「コーポレートマガジン」を推進します。

詳しくはこちらまで。

最新記事

Comments


bottom of page