top of page

terra°ce lab

  • 小越 建典

「ほぼ全員が辞める」女性の働き方を変える話 前編

出産後に待つ運命


ネイリスト

小さい頃から、 「手でつくる」ことが 好きだった。

 

得意科目は図画工作。

デザイン画や工作の賞もたびたび獲得した。

 

「ネイリストは 自分のための職業だ」

 

安藤トモコはそれほど、 ネイルの仕事が好きだった。

 

ネイルは仕事にも生活にも、絶対に必要なものではないけれど、、、

丁寧に、気持ちをこめてつくると、 お客様の気持ちが少しだけ上がるのを肌で感じられる。

 

一方で、ネイリストの仕事は、はかない。

 

ほぼ全員が女性で、ほぼ全員が出産を機に現場を去る。

 

ネイルサロンは時間や曜日により オン/オフの差が激しい。

ピークは平日夕方や土日だが、その子どもを預けづらく、現場に入れないママネイリストの需要は極めて少ないのだ。

 

幸い安藤は、勤め先の理解もあり、 一度は産休を経て復帰も叶ったが、

 

「ネイリストの働き方を増やせないか」

 

ずっと考えてきた。

 

会社でマネージャーになってからはそのための体制づくりにも 積極的に関わってきた。

 

そして二度目の産休を経て、永遠の課題を自ら変えるチャンスに出会う。

 


暗闇の中の希望

 

2020年5月、 

二度目の産休はもうすぐ開けるが、 どうやら職場復帰は延期されそうだ。

 

東京はコロナ禍の緊急事態宣言下にあり、 ネイルサロンは休業要請を受けていたからだ。

 

「いつサロンが開けられるのか」

「開けたらお客様は戻ってくるのか」

「それまで会社は持ちこたえられるのか」

「自分は、仲間たちは、ネイリストを続けられるのか」

 

不安は大きくなる一方。

 

そんなとき安藤が小さな希望を見出したのが、ハンドメイドのアクセサリーだ。

 

休業中に趣味の延長ではじめたが、 細かい作業はお手のもの。

すぐに、プロレベルの品物が つくれるようになった。

 

あるとき、安藤はピンとひらめいた。

 

これでネイリストの新しい働き方、 コロナ禍で傷んだ会社の事業に 貢献できるのではないか??

 

「自分の手で”かわいい”を提供する」 ネイリストの仕事と根本で共通し、 手先の技術やセンスがそのまま活きる。

 

サロンで手の空いたスタッフが製作し、売り出してはどうか?

 

経営者に提案すると、

 

「よしっ!商品をつくって、売ってみて」

 

と挑戦を後押ししてくれた。

 

 

株式会社シーティーイーは、企業がつくる雑誌「コーポレートマガジン」を推進します。

詳しくはこちらまで。

最新記事

Commenti


bottom of page